中国、600億ドルの対米報復関税を発動

産経新聞の記事からです。

【北京=西見由章】中国政府は24日、年約600億ドル(約6兆7000億円)相当の米国製品に5~10%の追加関税を課す第3弾の制裁を発動した。トランプ米政権による2000億ドル分の中国製品に対する追加関税への報復措置。第1、2弾の制裁と合わせた米国製品に対する追加関税の対象総額は1100億ドルとなった。

 今回の対象は国内の需要が急増している液化天然ガス(LNG)のほか、食品や衣料品、家電製品など5207品目。米国と比べて対抗手段に手詰まり感が増す中、中国当局は米企業を標的とした規制強化や基幹部品の輸出制限など新たな措置を模索しているもようだ。

 米中貿易摩擦の泥沼化を受けて一部の外資系企業が海外移転を模索する動きも出ており、中国当局は生産拠点や資金の流出防止に向けた対応も迫られている。

アメリカの対中制裁第3弾の報復として発動したものですが、この経済戦争は長引きそうな感じになってきました。中国側は既に弾切れ状態で、時間の経過とともに経済状況は悪化していくでしょう。
一時的に、日経平均は上昇していますが中国経済の悪化で中国株は下げていくのではとみています。
つられて、日経平均も調整するような気がします。

中国関連の銘柄で
上海株式指数・上証50連動型上場投資信託は制度信用で売ることもできるので、ヘッジで活用できると思います。
最初に中国企業の倒産が発生し、長期化することで外資系企業が引き上げてしまうことでしょう。

OwnersBookの投資家申請手続きが完了

OwnersBookに投資家申請をしていましたが、手続きが完了し投資を実行できる環境になりました。

はがきですが、簡易書留で送付され受け取りを確認しているようです。

手続きが完了すると、自分専用の振り込み口座(三菱UFJ)が用意されます。
その口座に振り込むことで自分の預かり金となります。
現時点の投資案件は9/26から投資可能な案件が一つります。

運用期間が2年なので今回はパスしようとおもいます。できれば1年程度のものを狙っています。
メザニンローンとは、自己資金と銀行借り入れでは足りない部分のローンでミドルリスクミドルリターンに分類されるものです。

今後も定期的に投資案件をチェックし、小口で複数の案件に投資していきたいと思います。

インヴィンシブル投資法人から分配金

インヴィンシブル投資法人から21口分の分配金30030円をうけとりました。

インヴィンシブル投資法人は、他のリート株と違って海外の物件も保有しています。
12月にはケイマン諸島のリゾートを取得する予定となっているようです。


また、株主優待もありシェラトングランデトーキョーベイホテルとマイステイズホテルグループのすべてのホテルの宿泊料金が割引になります。
https://www.mystays.com/
利用する可能性は低いですが、備忘録として残しておきます。

備忘録 ウルフ村田さんが挙げている銘柄

ウルフ村田さんがツィートしている銘柄は以下の通りです。

4563 アンジェス(株)
9820 エムティジェネックス(株)
3356 (株)テリロジー
6541 グレイステクノロジー(株)
3906 (株)ALBERT

店頭銘柄ばかりで、既に高値圏と見えるものですが、参加は自己責任で。

MCUBS MidCity 投資法人から分配金

MCUBS MidCity 投資法人から5口分の分配金8420円を受け取りました。

次期は売却益で分配金が上昇する予定ですが、物件獲得での収益の増加を期待しています。

9月21日での投信評価額

これまで受け取った分配金払戻金27466116円

投入金額が75100000円なので分配金と払い戻し金を考慮すると3842315円のプラスとなりました。

評価額は少し減少しました。

9/22ループイフダン

9/22時点での投信評価額は以下のようになります
224188円
今週も評価額は減少しました。

楽天USリート・トリプルエンジン(トルコリラ)毎月分配型 決済

先日、解約注文をだした「楽天USリート・トリプルエンジン(トルコリラ)毎月分配型 」ですが、
受けとり金額は114911円でした。
それと1回分配金1091円をうけとっているので
114911 + 1091 – 100000 = 16002 円
1万6千円のプラスでおわりました。

10万円投入で短期で16%を得ることができました。
機会があればリスクある投資にも参加していこうとおもいます。