5月29日での投信評価額

投信評価額

トータルリターン

これまで受け取った分配金と払戻金が41040167円

投入金額が79500000円なので分配金と払い戻し金を考慮すると4246849円のプラスとなりました。

感想

今週の評価額はアップしました。株式は5月天井になることを警戒して、公社債系投信の買いチャンスを探っていきたいと思います

三井住友・NYダウ・ジョーンズ指数オープン(為替ヘッジなし)を解約

三井住友・NYダウ・ジョーンズ指数オープン(為替ヘッジなし)

NYダウに連動する投信で、ことしの3月10日に約定しました。200万円で購入しある程度利益がでたら解約する予定でした。

解約

先日この投信を解約しました。5/28の約定で受け取り金額は2,241,498円となり約24万円の利益を得ることができました。

感想

ここ1週間位の株価の上昇は激しくこの辺で利益を確定しておこうと思っていました。また、アノマリーで5月に売れというのがあるのでこれから先上昇が続くようには思えなかった面もあります。

8963インヴィンシブル投資法人 をナンピン

インヴィンシブル投資法人

インヴィンシブル投資法人はかなり長期間保有していますが、コロナの影響で評価損を抱えたままです。株価の推移もよくありません。

また当期の分配金も30円(前期は1725円)と最悪の状態です。

ナンピン

JALやANAの株価が上昇の兆しがでてきたので、市場はコロナ後を折り込み始めたと思いナンピン買いをしました。

10口27500円で約定しました。
しばらく様子を見て株価の推移によっては追加でナンピンするかもしれません。

5月22日での投信評価額

投信評価額

トータルリターン

これまで受け取った分配金と払戻金が38795653円

投入金額が79500000円なので分配金と払い戻し金を考慮すると4112681円のプラスとなりました。今週の評価額は先週に比べ増加しました。

感想

SMBCで購入したNYダウ連動投信がプラス圏で推移しているので利確しようかと考えています。
コロナ収束を折り込んでいくと、どうなるのかを考えながら投資対象を決めたいとおもいます。

ラサールロジポート投資法人とザイマックスリート投資法人から分配金

ラサールロジポート投資法人

ラサールロジポート投資法人から3口分の分配金、11010円をうけとりました。

ラサールの株価は3月に一端大きく下落しましたが、だいぶ持ち直してきています。ホテル系ではないのでコロナの影響はそれほど大きくないようです。

ザイマックスリート投資法人

ザイマックスリート投資法人から12028円を受け取りました。

ザイマックスリートの株価は、3月に下落したまま戻りがない状態です。

野村不動産マスターファンド投資法人から分配金

野村不動産マスターファンド投資法人

野村不動産マスターファンド投資法人はリート株で2口保有しています。
コロナの影響で今年の下落は非常に大きくなっています。来期予想は今期よりプラスとなっているので、多少期待を持っています。

分配金

2口分の分配金5906円、利益超過分326円を受け取りました。

感想

保有しているリート株は全般的にパフォーマンスはよくありません。現状はコロナが落ち着くまで持ち続けていく予定です。

今回のコロナが落ち着いても毎年新型コロナが今後発生するとの見方もあるので利食いできるものは将来的に処分したほうが良いのかなと考えています。

ビックカメラ、Oneリート投資法人、タカラレーベン不動産投資法人から配当、分配金、株主優待を受け取る

ビックカメラ、Oneリート投資法人、タカラレーベン不動産投資法人から分配金を受け取りました。

ビックカメラ

ビックカメラからは100株分の配当1000円と優待券2000円をうけとりました。この優待は近所のビックカメラにて自分で使う予定です。
ビックカメラは高くなったら売り、安くなったら買い増しを繰り返していますが、常に最低100株は余裕しているように調整しています。

Oneリート投資法人

Oneリート投資法人からは1口分の分配金7889円を受け取りました。
リート株は全般的に低調で、来期も減収の予想になっています。保有しているリート株は最低単位は保有するようにして、高くなったら売り、安くなったら買い増しするようにしています。この株も押し目を狙って買い増しする予定です。

タカラレーベン不動産投資法人

タカラレーベン不動産投資法人からは17口分の分配金62781円を受け取りました。このくらいの額になると結構もらっているなという実感がでてきます。また、ヤマダ電機の買い物優待券も受け取りました。ヤマダ電機は近くにないのでヤフオクで処分しようとおもいます。

5月15日での投信評価額

投信評価額

トータルリターン

これまで受け取った分配金と払戻金が38794673円

投入金額が79500000円なので分配金と払い戻し金を考慮すると3802245円のプラスとなりました。今週の評価額は先週に比べ減少しました。

感想

今週も低調な結果に終わりました。

オークション出品用の商品は1か月前に買ったものがぼちぼち届いていて週末に出品作業をしています。今種は新規出品1つと単発の出品2つの作業を完了しました。