ヤフネコ宅急便を利用してみた。

匿名配送ができる便利な制度、初めて利用してみました。今回は以前ふるさと納税で返礼品としてもらったiPadを出品しました。

出品時

匿名配送ができるヤフネコ宅急便を利用するには、出品時に「利用する」という設定をしておかないといけません。

出品時の入力フォームに上のようなチェックボックスがでてくるのでヤフネコ!宅急便をチェックして出品します。小型のものであれば、ヤフネコ!ネコポスやヤフネコ!宅急便コンパクトでもいいでしょう。
出品が完了すれば、オークションが終了するまでまつだけです。

落札後

落札時は出品者側からは何もすることはありません。
落札者が支払い処理をすると支払い完了のメールが届くのでスマホのアプリで取引ナビのページを確認します。

バーコードが表示されますが、これはのちにコンビニに持ち込んだときに使います。
落札者が代金を支払ったので、荷物を梱包しコンビニへもっていきます。

コンビニに持ち込む

今回、セブンイレブンを利用しました。通常の宅急便で送るような梱包をして、送り状はなしで構いません。
コンビニのカウンターで荷物を渡し、スマホの画面でバーコードを提示します。すると店員さんがバーコードリーダーで読み取って、レシートのような紙を渡されます。
このときに時間指定がある場合は忘れずに伝えます。
このレシート状の紙を店員さんから渡される袋状の送り状に入れて荷物に自分で張り付けます。
これで、作業は完了です。

送料は落札者が支払いしているのでコンビニの窓口で出品者が支払う必要はありません。

荷物の持ち込み先はセブンイレブン以外にも、ファミマ、ヤマト営業所等ありますが、持ち込み先によっては手続きが異なるので注意が必要です。
https://auctions.yahoo.co.jp/topic/promo/yahuneko/guide/usage.html

発送通知

落札者への発送通知は自動的に行われるので自分でする必要はありません。
ただし、コンビニで発送後しばらくたってから発送通知がおこなわれるのですぐにスマホアプリに反映されるわけではありません。

まとめ

ヤフネコ!宅急便を初めて使いましたが、使ってみると簡単です。宛名を自分で書く必要がないのが一番大きな利点だとおもいます。
今後も活用して断捨離を進めていこうとおもいます。

にほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ にほんブログ村 株ブログ REIT・不動産投信へ

コメントを残す