上海、韓国の下げ

投稿者: | 2018年10月29日

そろそろ底かなと思っていましたが、まだ下がる可能性もあります。
日経平均以上に上海総合やKOSPの下げはきついですね。特にKOSPは2000ポイントを割れています
いわゆるキャピタルフライトが徐々に進行しているのでしょうか?

現状は底が見えないので余裕を持って少しずつナンピンをしていく予定です。
具体的には指数連動型投信の買い、指数逆連動型投信の空売りで対応しています。

個別株では大きく下げている銘柄もあって追い証で投げさせられた方も多いと思います。
本格的な買いは底が確認されてからのほうが無難でしょう。

コメントを残す