中国、600億ドルの対米報復関税を発動

投稿者: | 2018年9月24日

産経新聞の記事からです。

【北京=西見由章】中国政府は24日、年約600億ドル(約6兆7000億円)相当の米国製品に5~10%の追加関税を課す第3弾の制裁を発動した。トランプ米政権による2000億ドル分の中国製品に対する追加関税への報復措置。第1、2弾の制裁と合わせた米国製品に対する追加関税の対象総額は1100億ドルとなった。

 今回の対象は国内の需要が急増している液化天然ガス(LNG)のほか、食品や衣料品、家電製品など5207品目。米国と比べて対抗手段に手詰まり感が増す中、中国当局は米企業を標的とした規制強化や基幹部品の輸出制限など新たな措置を模索しているもようだ。

 米中貿易摩擦の泥沼化を受けて一部の外資系企業が海外移転を模索する動きも出ており、中国当局は生産拠点や資金の流出防止に向けた対応も迫られている。

アメリカの対中制裁第3弾の報復として発動したものですが、この経済戦争は長引きそうな感じになってきました。中国側は既に弾切れ状態で、時間の経過とともに経済状況は悪化していくでしょう。
一時的に、日経平均は上昇していますが中国経済の悪化で中国株は下げていくのではとみています。
つられて、日経平均も調整するような気がします。

中国関連の銘柄で
上海株式指数・上証50連動型上場投資信託は制度信用で売ることもできるので、ヘッジで活用できると思います。
最初に中国企業の倒産が発生し、長期化することで外資系企業が引き上げてしまうことでしょう。

コメントを残す