保有投信の評価額、終わってみると前月末比でプラス

投稿者: | 2016年7月1日

イギリスショックがあったので投信の評価額は大幅減を覚悟していましたが、6月末で前月末比プラス17万円で終わりました。
為替に影響される投信は大きく下げましたが、公社債系が大きく値上がりしトータルでプラスになりました。

DLIBJ中期は1年のリターンが7%あり、公社債とは思えないパフォーマンスです。
p1

コメントを残す