早期退職した場合の65歳までに必要な資金

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

以前早期退職した場合に65歳までに必要なお金を計算しました。下の表は月の生活費が15万円、20万円、25万円、30万円の場合の65歳まで必要な生活費をまとめたものです。
65歳以降は年金に頼ることになりますが、年金額は退職した時期とそれまでの加入期間できまるので人それぞれ異なってきます。早期退職する場合は、65歳までの生活費と65歳以降の受け取る年金の両方を把握しておかないとふみきれません。また、現役時代には余裕があるため一月に必要な生活費を正確に把握していない人も多いとおもいます。自分も光熱費、通信費、固定資産税、食費等を記録し始め2年程度経過して初めて必要な生活費を把握することができました。自分の生活レベルでは月15万円でぎりぎりで20万円以上あれば余裕だとおもいます。

現状では65歳までと65歳以降の両方で早期退職できるレベルでは

ないので、アベノミクスを有効活用して早期退職の時期を少しでも早められたらと思っています。

生活費/月
退職時年齢 150,000 200,000 250,000 300,000
40 45,000,000 60,000,000 75,000,000 90,000,000
41 43,200,000 57,600,000 72,000,000 86,400,000
42 41,400,000 55,200,000 69,000,000 82,800,000
43 39,600,000 52,800,000 66,000,000 79,200,000
44 37,800,000 50,400,000 63,000,000 75,600,000
45 36,000,000 48,000,000 60,000,000 72,000,000
46 34,200,000 45,600,000 57,000,000 68,400,000
47 32,400,000 43,200,000 54,000,000 64,800,000
48 30,600,000 40,800,000 51,000,000 61,200,000
49 28,800,000 38,400,000 48,000,000 57,600,000
50 27,000,000 36,000,000 45,000,000 54,000,000
51 25,200,000 33,600,000 42,000,000 50,400,000
52 23,400,000 31,200,000 39,000,000 46,800,000
53 21,600,000 28,800,000 36,000,000 43,200,000
54 19,800,000 26,400,000 33,000,000 39,600,000
55 18,000,000 24,000,000 30,000,000 36,000,000
56 16,200,000 21,600,000 27,000,000 32,400,000
57 14,400,000 19,200,000 24,000,000 28,800,000
58 12,600,000 16,800,000 21,000,000 25,200,000
59 10,800,000 14,400,000 18,000,000 21,600,000
60 9,000,000 12,000,000 15,000,000 18,000,000
61 7,200,000 9,600,000 12,000,000 14,400,000
62 5,400,000 7,200,000 9,000,000 10,800,000
63 3,600,000 4,800,000 6,000,000 7,200,000
64 1,800,000 2,400,000 3,000,000 3,600,000

また、65歳で年金受給が開始し、それ以降の必要な資金は以下のように計算しました。
受給する年金以外に必要な資金を月額5万円、10万円、15万円として、それぞれ75歳まで生きた場合と80歳、85歳で求めました。

 

年金以外に必要な費用(月額)
5万円 10万円 15万円
75歳まで生きた場合の必要資金(万円) 600 1200 1800
80歳まで生きた場合の必要資金(万円) 900 1800 2700
85歳まで生きた場合の必要資金(万円) 1200 2400 3600

表によると、65歳で年金受給がはじまり、80歳まで生きるとして受け取る年金以外に、月10万円必要な場合は65歳時点で1800万円あればよいことが分かります。
人それぞれの事情があり、想定外の出来事も考えられるので多少の余裕は見ておいたほうが無難だとおもいます。

にほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ にほんブログ村 株ブログ REIT・不動産投信へ

コメントを残す