DesignSpark Mechanical を試す。

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

3D プリンタはもっていませんが、無料の3D CAD DesignSpark Mechanical をダウンロードして使い方を勉強しています。
将来は、自分でデザインした小物を3D プリントサービスを使ってプリントアウトしてみようと思っています。

123D Designもダウンロードしてみましたが、123D Designで簡単にできるテキストの3D化をDesignSpark MEchanicalでどのようにやるのか調べてみました。寸法を入力する機能を使って実現するようです。
p1

寸法線を入力します。

p2

自動的にはいる寸法の値を編集し、自分の好きな文字に変更します。
次に、投影コマンドで投影します。矢印等を削除し、プルします。
p3

漢字もプル可能です。
p4

DesignSparkは123d designよりも位置決めが簡単で使いやすい印象をうけました。今後しばらくはDesignSpark Mechanicalを使ってみたいとおもいます。

にほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ にほんブログ村 株ブログ REIT・不動産投信へ

コメントを残す