仮想通貨マイニング用のPCをセットアップ

仮想通貨マイニング用のセットアップをしました。
第一ステップとしてWindows PCにPC内蔵のGPUでマイニングするシステムにしました。

PC
使ったPCはDellのノートPCです。

非力ですが、GPUが内蔵されていてこれだけでマイニング可能です。

GPUはRX560を使っています。

マイニングソフト
マイニングソフトはNiceHash minerをインストールしました。

ダウンロードサイトに行くと2つのバージョンがありますが、AMD系のGPUを使う場合にはAMDのほうをクリックします。niceHash miner としてのバージョンは古いものになりますが使えます。
左の新しいバージョンはインストールしてもAMD系のGPUを認識してくれませんでした。
将来の対応に期待したいです。

電力計
マイニングは消費電力との勝負なので電力計も購入しました。

通常、常に一定の負荷で動作させるのでシステムを変更したときに1回測定すれば大体の目安になるとおもいます。積算での測定もできるので正確に測定することも可能です。

運用
NiceHashを起動し自分のwallet IDを入力する位で使えるようになります。
下のbitcoin address にwalletのIDを入力します。

最初にベンチマークを実行して効率のよいマイニング方法を決めます。

PCのCPUを使うこともできますが、後の拡張を考えてRX560だけでベンチマークします。
ベンチマークは時間がかかるのでしばらく待つ必要があります。

マイニングを開始すると、ターミナル画面が立ち上がりマイニングされているのが確認できます。NiceHashのUIには予想収益が表示されます。

NiceHashのUI上に表示されるリンクをクリックするとブラウザで現在のマイニング状況を確認することができます

DaggerHashimotoとLbryの2つのアルゴリズムで採掘しているのがわかります。収益予想は1413円/月で電力消費を考えると利益はトントンかわずかにプラスになる程度です。

第一ステップとしてPCでのマイニング環境を構築しました。
次に考えているのは、このPCのUSBポートを利用してASICタイプのマイニング装置を接続する予定です。ASICタイプは電力当たりの効率がよいので期待しています。

設置状況
ラックの上にPCをセットして運用しています。

ファンの音があるので寝室以外の場所に置くのがよいと思います

にほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ にほんブログ村 株ブログ REIT・不動産投信へ

コメントを残す