海外旅行 インドネシア

今年の夏休みは、インドネシアのバリ島に行ってきました。

外貨は事前にネットで利用できる外貨宅配を使って両替しておきました。出発時に成田の両替店で確認しましたが、外貨宅配のほうが得ですね

成田でJTBのカウンターでeチケットをもらい搭乗券に変えて出国しました。
楽天カードに付属しているプライオリティパスを使ってラウンジを利用します。
第一ターミナルではKALのラウンジを使うことができ、ここでビールとおつまみで搭乗開始まで待ちます。

飛行時間は約7時間、けっこう長いです。時差は1時間なので時差ぼけは皆無です。
デンパサールの空港に到着し、入国はスムーズ完了しました。到着ゲートではJTBの係員が待っていてくれて他のツアー客と一緒にグランドハイアットホテルに送ってくれます。


ホテルの敷地は広大です。


部屋は一階で、ベランダの前は池になっています。


ホテルのベッドです。ツインの部屋となっています。


ほかに、もう一人寝れるスペースがあります。


電源のコンセントは200V、100V両用になっていて日本から持って行ったUSB電源を使いました。
この電源で充電はできるのですが、一つ難点がありました。このUSB電源にUSBケーブルでiPhoneに接続してiPhoneのホームボタンに触るとピリピリと感電します。ケーブルを外すと感電しなくなります。新しいiPhoneは無線充電になるのでこのようなことはなくなるでしょう。


地元のビールはビンタンビールです。苦みがありますが非常においしく旅行中はかなり飲みました。


ヒンズー教の習慣で、ホテルや道、寺院の道等にはお供えものが多くおかれていて注意しないと蹴飛ばしてしまいます。


バロンダンスやケチャックダンスもバリ島では見ておくべきでしょう。


買ったお土産の一部です。コーヒーとジャスミン茶。ジャコウネコのコーヒーは高価で手がでませんでした。


現地ではあらかじめ日本で購入したプリペイドSIMを使いました。特につながらない場所はなく快適に使えました。
Dual SIMのスマホは便利です。

SONYのXperia XZ2を使って気がついたのですが、トレーにSIMを2つ(日本の格安SIM、アジア用プリペイドSIM)セットすると、
日本の格安SIMではカメラのシャッター音は常に有効ですが、プリペイドSIMに変更するとシャッター音をなくすことが可能になります。
XperiaがSIMの種類を認識してシャッター音の有効、無効を変えているようです。
以前、ASUS のZenfone 3 を使っていたときはSIMによらずシャッター音が消せたので、これが普通と思っていました。

帰りは夜行で、0時過ぎに出発する飛行機でした。
ガルーダインドネシア航空は、そんな混雑もなく搭乗ゲートまでたどり着くことができました。LCCのエアアジアはものすごい行列ができていて多くの人が疲れた表情で行列になって待っていました。
プライオリティパスが使えるラウンジが2つあり、そのうちの1つのラウンジで搭乗開始までビールを飲みながら待ちました。
搭乗するとすぐに眠りにつき、朝5時頃目がさめました。機内で朝食のサービスがあり、その後無事に成田につきました。

また、来年も夏休みは海外旅行に行きたいと思います。

にほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ にほんブログ村 株ブログ REIT・不動産投信へ

コメントを残す