OpenCVのインストール(MAC)

MACにOpenCVをインストールするには、パッケージマネージャを利用する方法とソースコードをコンパイルする方法がある。

パーッケージマネージャは
MacPorts Homebrewの2種類あり、ソースをコンパイルする方法と比べるとどちらも簡単にインストール可能。
自分のMACへはMacPortsを使ってインストールした。
ソースコードをコンパイルする場合はCMakeを利用するが、オプションの設定が複雑でMAC熟練後の課題に残しておくことにした。

Command Line Tools for Xcode
XcodeにCommand Line Tools for Xcode をインストールしておくとXcodeの新規プロジェクトでopenCVの動作を簡単に確認できるアプリケーションを作成することができる。

コメントを残す