AliExpressでOpen Disputeを経験する

AliExpress

最近、中華系のショッピングサイトAliExpressを利用しています。コロナの影響で納期がだいぶ延びてきたのが難点ですが安く買えるので活用すると便利です。

トラブル

先日、AliExpressで購入したものが到着しました。同じアイテムを2つ購入したのですがそのうち1個が不良です。アイテムを構成するパーツが片方のアイテムには欠けています。これは返金処理をしてもらいたいと思い方法を調べてみるとOpen Disputeというボタンがありこれをクリックすると紛争処理の手続きを開始できます。

紛争処理

Open Dispute ボタンをクリックし不良の内容を英語で入力します。日本語を入力すると英語で入力しろと怒られます。また、証拠となる写真もアップロードできるので写真を撮ってアップロードしました。

2ケのうち1ケが不良だったので送料を含めた購入代金の半分を返金(refund)したい旨を入力しました。

紛争処理フロー

上が紛争処理のやり取りのフローです。この紛争処理は、直接売り手と交渉するわけではなく、AliExpressが仲介し最終的な判断をしてくれます。
今回はこちらの希望通り、購入代金の半額を返金してもらうことになりました。
Open DisputeしてからAliExpressの判定まで1日もかからず、迅速なのには少し驚きました。
不良品も返品せずに済んだので、国際郵便で送る手間もなく安心しました。

AliExpressの紛争処理

AliExpressでトラブルがあったのは始めてでした。中国の売り手と交渉することになるのか?大変だなあと思いましたが、AliExpressが仲裁してくれるのであっさりと紛争処理が終了しました。これならこれからも使い続けても良いかなという印象です。
転売での小遣い稼ぎはまだ継続できそうです。

にほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ にほんブログ村 株ブログ REIT・不動産投信へ

コメントを残す