monitor.exeでデバッグ情報を見る アプレナーの備忘録

投稿者: | 2014年11月29日

RadStudio XE7 でアンドロイドアプリをデバッグするさいに以下のパス
C:\Users\Public\Documents\Embarcadero\Studio\15.0\PlatformSDKs\adt-bundle-windows-x86-20131030\sdk\tools
にあるmonitor.exeを起動することによってプログラムからのデバッグ情報を確認することができる。
いわゆるロギングといわれる機能でDXE7からの出力方法は、以下の記事の通り記述すれば可能
http://www.gesource.jp/weblog/?p=6322
記事は、DXE5でのlogging方法であるが、DXE7でも利用できた。

iOSのxcodeではIDEに組み込まれていたが、DXE7では別アプリを起動しなければならないのが少し残念。

コメントを残す